2015年9月25日金曜日

I-O DATA WN-G54/USL を入手、デバイス ID の追加

アイ・オー・データの USB 無線 LAN アダプタの WN-G54/USL をインターネット・オークションにて入手しました。

今回入手した I-O DATA WN-G54/USL です。

外観はアイ・オー・データ社らしい精悍なデザインとなっていました。そしてUSB 延長ケーブルの先端にロゴマークがあしらわれていました。

下が WN-G54/USL に付属していた USB ケーブルです。

動作確認とデバイス ID の追加

外観を簡単に掃除した後、早速パソコンの USB ポートへ装着してみました。

・・・何の反応もありませんでした。まだデバイス ID がどのドライバにも登録されていないようでした。

そこでネット上を検索してみると、どうも zd1211rw ドライバを使用する無線LANアダプタのようでした。zd1211rw のソースコードへ、この WN-G54/USL のデバイス ID (04bb:0938) を登録してビルドしてみました。

新しい zd1211rw ドライバ・モジュールをシステムへ組み込んでみたところ、無事認識をして通信をすることができるようになりました。

Debian Jessie 用(32bit, 64bit)の zd1211rw.ko を「Debian ドライバ保管庫」へアップロードしておきました。必要とする読者さんはご使用ください。なおご使用に当たっては自己責任でお願いいたします。

Debian 用ドライバ保管庫
http://near-unix.blogspot.jp/p/debian.html

アイ・オー・データ WN-G54/USL

デバイス ID を追加したカーネル・モジュールの使用方法

該当するカーネル・モジュール(****.ko)をダウンロードした後、システム内にある同じカーネル・モジュールへ上書きコピーします。そしてモジュールの依存関係を更新するために "depmod -a" コマンドを実行して、インストールは終了します。
なおシステム内のモジュールの場所は "locate ***.ko"コマンドで検索できます。

0 件のコメント:

コメントを投稿