2015年10月7日水曜日

Linksys WRT54G v8 を入手(もしかして偽物か?)

リンクシス WRT54 v8 をインターネット・オークションにて入手しました。システムメモリが 8MB で、フラッシュメモリが 2MB と新しいファームウェアをインストールするには厳しい条件の機種です。WRT54G には数多くのハードウェア・バージョンが存在していますが、新しいバージョンになるほどシステムメモリやフラッシュメモリの容量が減少しています。使用される機能とメモリの関係の最適化が進んだ結果なのでしょうが、私のようにファームウェアを新しくインストールすることを生きがい?にしている者にとっては使い道の乏しい機種となっています。

今回入手した WRT54G v8 です。

日本国内では発売されていない機種です。どうも中国で発売されたものが日本に流れ着いたようです。偽物の多い中国で発売されたものですのでとても心配です(笑)。

WRT54G v8 の前面の様子です。表示が古いバージョンのものよりも賑やかになっています。
WRT54G v8 の背面の様子です。
そして底面の様子です。
これを見つけて背筋に寒いものが走りました!

真贋について

中央にある中国語のシールは販売店が貼りつけたものなのでしょう。しかし右側に見える楕円形の保証シール(Warranty)が初めて見るものなのです。さらに左側にも金色に輝くホログラム状の楕円シールも初めて見るものでした。普通は細長い四角の紙製のシールです。

WRT54G v8 にあった初めて見る楕円形の保証シールです。
今まで入手したリンクシス製品にあった保証シールです。写真は WAP54G のものです。
WRT54G v2, WRT54GS, WRT160N, WRT320N, E3000, BEFSR41C にもこのシールがありました。
リンクシスの製品で金色のシールも初めてみるものです。
これも販売店が勝手に貼り付けたものなのでしょうか?

更に上記の保証シールの他にゴム足の彫りの深さや穴の中央部の処理に違いがありました。

以上気になる点を探してみましたが、本物として妥当な部分としてシリアルナンバーの冒頭四桁の記号は WRT54G v8 で使用されているものであることは確認されました。しかしこれも偽物業者がこの事実を知っていれば、それなりの偽装を行なっていても不思議ではありません。

さらに困ったことが、ファームウェアにリンクシス社の純正のものではなく古い DD-WRT がインストールされていました。これも以前の所有者さんが勝手にインストールしたものかもしれませんが、真贋判定で偽物としての疑いを深めるばかりでした。

偽物かもしれないハードウェアに微妙に古い DD-WRT がインストールされている状態ではおちおちハードウェアの動作確認も出来ないため、DD-WRT だけは動作が安定しているビルド 13064 のものへインストールし直しました。

ロゴマークは裏側から LED ランプで照らされています。

真贋判定の結果は

とりあえず真贋判定はできませんでした。

日本のメーカが中国で現地生産している紙おむつは信用できないようで、わざわざ日本で買い付けたものを個人で輸出する中国人が数多くいるらしく、それも販売店の店先で紙おむつの取り合いで乱闘騒ぎがニュースとして報じられている状況を知っていますので、この中国から個人間のやり取りで渡ってきた WRT54G v8 をやすやすと本物と信じる気持ちにはなりませんでした。なんかもやもやした気持ちです。決定的な偽物であれば気持ちもすっきりするのでしょうが・・・。

手がかりを探すために、分解をして中身を確認してみたいと思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿