2015年11月24日火曜日

Buffalo WZR-G144NH のフラッシュメモリをバックアップ

シリアルコンソール と JTAG の端子を設置したバッファロー WZR-G144NH のフラッシュメモリをバックアップしました。

シリアルコンソールの動作確認

フラッシュメモリのバックアップの前にシリアルコンソールの動作確認を行いました。パターンの様子から Vcc と GND は判明していましたが、送受信の端子は不明でした。シリアルケーブルの Rx ラインを不明な二つの端子へ押し当てて信号を受信する方をボードの Tx 端子として探し出しました。そして残りがボードの Rx 端子と判断しました。なお通信速度は 115200bps でした。

WZR-G144NH のシリアルコンソールのピン配置

このシリアルコンソール上で起動時に Ctrl + C で CFE へログオンできました。この時点で制御チップは Broadcom のものだと判明しました。これでボードに何か問題が発生してもシリアルコンソールでリカバリできるようになりました。

JTAG の動作確認

JTAG 端子にバッファタイプの WIGGLER ケーブルを接続してプローブ動作をさせてみました。ここで使用している制御チップが BCM4785 であることが判明しました。

WZR-G144NH へ JTAG ケーブルを接続しているところです。

# ./tjtag3 -probeonly /cable:wiggler

================================================
 EJTAG Debrick Utility v3.0.2.1 Tornado-MOD
================================================

Detected IR chain length = 8
Number of device(s) = 1

IDCODE for device 1 is 0x0478517F

Probing bus ... Done

Instruction Length set to 8

CPU Chip ID: 00000100011110000101000101111111 (0478517F)
*** Found a Broadcom BCM4785 Rev 1 CPU chip ***

    - EJTAG IMPCODE ....... : 00000000100000010000100100000100 (00810904)
    - EJTAG Version ....... : 1 or 2.0
    - EJTAG DMA Support ... : Yes
    - EJTAG Implementation flags: R4k MIPS16 MIPS32

Intial value of Control register is 0000000C
Intial value of status register is  00000077
01110111 (00000077)

Status bit 7 Busy Inverted pin 11 = 1
Status bit 6 *Ack          pin 10 = 1
Status bit 5 Paper-out     pin 12 = 1
Status bit 4 Select        pin 13 = 1
Status bit 3 *Error        pin 15 = 0
* means low = true, e.g., *Error

VCC connected
values of Control register after init 0x0000000C
value of status register after init   0x00000077
system reset complete

Issuing Processor / Peripheral Reset ... Done
Enabling Memory Writes ... Done
Halting Processor ... ... Done
Init PrAcc ... Skipped
Clearing Watchdog ... Done


Chip ID 4785
Chip Rev 2
Package Options c
Number of Cores 10
Core Revision 79
Core Type 780
Core Vendor ID ac20000
Flash Type 700
Flash Type = PFLASH
Dest is bits 0
Flash is byteswapped 0
Endian Type is LE 0
PLL Type 00020000
Enter Flash Probe

Probing Flash at (Flash Window: 0x1fc00000) ...
Done

Flash Vendor ID: 00000000000000000000000001111111 (0000007F)
Flash Device ID: 00000000000000000010001011111001 (000022F9)
*** Found a EON EN29LV320 2Mx16 BotB   (4MB) Flash Chip ***

    - Flash Chip Window Start .... : 1FC00000
    - Flash Chip Window Length ... : 00400000
    - Selected Area Start ........ : 00000000
    - Selected Area Length ....... : 00000000



 *** REQUESTED OPERATION IS COMPLETE ***

フラッシュメモリのバックアップ

JTAG ケーブルを使用してフラッシュメモリをバックアップしました。いつものように CFE の部分だけのものとフラッシュメモリ全体のものをそれぞれ二回取得して、それぞれを MD5 のハッシュを比較して同じデータであることを確認しておきました。

WZR-G144NH のフラッシュメモリをバックアップしているところです。


この後、新しいファームウェアをインストールする予定です。

0 件のコメント:

コメントを投稿