2016年2月20日土曜日

Buffalo WER-AMG54 を 2.4GHz - 5GHz の中継器としました

以前 OpenWrt Attitude Adjustment 12.09 をインストールしていた バッファロー WER-AMG54 を中継器(リピータ)として設定しました。それも親機から 2.4GHz 帯で無線 LAN で受信したものを 5GHz 帯で中継するものです。FON2100E や FON2201 で行った単一デバイス(2.4GHz 帯)だけ中継よりも効率よく中継ができるのではないかと期待してのことでした。
Buffalo WER-AMG54 へ OpenWrt Attitude Adjustment 12.09 をインストール
http://near-unix.blogspot.jp/2015/10/buffalo-wer-amg54-openwrt-attitude.html
中継器として設定したバッファロー WER-AMG54 です。

中継器(リピータ)としての設定

基本的に FON2100E や FON2201 で行った設定と同じです。受信用のデバイスと中継用のデバイスが異なっているだけで、設定そのものに大きな違いはありませんでした。
FON2100E をリピータ(中継器)にしました
http://near-unix.blogspot.jp/2016/02/fon2100e.html

ただ今回、中継器として設定を行うにあたって WER-AMG54 を初期化しました。以前行っていた設定から中継器としての設定変更を行っていたところ、親機から受信するクライアントとしての設定を行ったにも係わらず受信が出来ない症状となったためです。何故か無線 LAN のチャンネルは表示されるのですが周波数が表示されず、また出力の部分も表示されない状態となっていました。

そして OpenWrt Attitude Adjustment 12.09 をインストールした WER-AMG54 に限った現象なのかもしれませんが、設定画面(LuCi)でネットワーク関係の設定を行ったり、コマンドで /etc/init.d/network reload でネットワークの再設定を行うと正常にネットワーク環境が再起動されずに固まってしまう現象がほぼ毎回発生してしまいます。電源の再投入によって解決するのですが、再起動までの時間のロス(2分程度)がイライラの原因となってしまいました(笑)。

中継器の仕様

下記に中継器(リピータ)として設定したデータを記述しておきます。参考にして設定される場合には、適宜変更してください。


基本的な設定データ
  • マスター側の無線 LAN ルータの IP アドレス:192.168.1.1
  • マスター側の無線 LAN ルータの SSID : OpenWrt
  • 中継器(WER-AMG54)の IP アドレス:192.168.2.1
  • 中継器(WER-AMG54)の SSID : OpenWrt2
  • 中継器が使用するマスター側へ接続する IP アドレス:192.168.1.254

設定手法

大まかな設定は、中継器(リピータ)へ telnet ログインした後、コマンドで設定しました。そして調整段階では、ブラウザの設定画面(LuCi) で行いました。

中継器(リピータ)ソフトウェアのインストール

まず最初に OpenWrt のブラウザ設定画面(Luci)から今まで行ってきた設定の初期化を行しました。中継器(リピータ)として動作させる二つのソフトウェア(relayd, luci-proto-relay)をインストールしました。
# opkg update
# opkg install relayd
# opkg install luci-proto-relay

自動起動するように relayd のデーモンを有効にしました。
# /etc/init.d/relayd enable

無線 LAN 部分の設定

無線 LAN の設定ファイル(/etc/config/wireless)を編集しました。
# vi /etc/config/wireless
### リピータとして送信する部分(5GHz) ###

config wifi-device 'radio0'
        option type 'mac80211'
        option hwmode '11a'
        option channel '40'
        option txpower '10'
        option country 'JP'

config wifi-iface
        option device 'radio0'
        option network 'lan'
        option mode 'ap'
        option ssid 'OpenWrt2'
        option encryption 'psk2+ccmp'
        option key 'password'


### マスター側から受信するクライアント部分(2.4GHz) ###

config wifi-device 'radio1'
        option type 'mac80211'
        option hwmode '11g'
        option channel 'auto'
        option txpower '10'
        option country 'JP'

config wifi-iface
        option network 'wwan'
        option ssid 'OpenWrt'
        option encryption 'psk2'
        option device 'radio1'
        option mode 'sta'
        option key 'password'

ネットワーク設定

ネットワークの設定ファイル(/etc/config/network)を編集しました。
編集の概要としては 'lan' の項目を修正して、'wwan''stabridge' の項目を追加します。そして 'loopback' の項目に修正は、ありません。
# vi /etc/config/network
### /etc/config/network の内容です###

config interface 'loopback'
        option ifname 'lo'
        option proto 'static'
        option ipaddr '127.0.0.1'
        option netmask '255.0.0.0'

config interface 'lan'
        option ifname 'eth0'
        option type 'bridge'
        option proto 'static'
        option netmask '255.255.255.0'
        option gateway '192.168.1.1'
        option dns '192.168.1.1'
        option ipaddr '192.168.2.1'

config interface 'wan'
        option ifname 'eth1'
        option proto 'dhcp'

config interface 'wwan'
        option proto 'static'
        option ipaddr '192.168.1.254'
        option netmask '255.255.255.0'
        option gateway '192.168.1.1'

config interface 'stabridge'
        option proto 'relay'
        option ipaddr '192.168.1.254'
        list network 'lan'
        list network 'wwan'

DHCP の設定

DHCP の設定ファイル(/etc/config/dhcp)を編集します。
編集の要点としては 'lan' の項目で DHCP サーバとしての機能を停止させるため、 option ignore '1' を追加します。
そして念の為に 'wan' の項目にも同様の記述があることを確認します。
# vi /etc/config/dhcp
### 編集する lan と wan の部分だけを抜き出しています###

config dhcp 'lan'
        option interface 'lan'
        option ignore '1'

config dhcp 'wan'
        option interface 'wan'
        option ignore '1'

ファイアウォールの停止

リピータとして転送速度の低下要因となるファイアウォールは不要ですので、停止させます。ファイアウォールとしての機能は、マスター側の無線 LAN ルータで行っています。
# /etc/init.d/firewall stop
# /etc/init.d/firewall disable

動作確認

動作確認のため中継器(リピータ)を再起動させました。
# reboot

中継器(リピータ)として発信している SSID が 'OpenWrt2' の無線 LAN の電波を受信することが出来ました。そしてインターネットへアクセスできることも確認しました。
また中継器(リピータ)の LAN ポートへパソコンを接続してもインターネットへアクセスできることを確認しました。

ちょっと残念ですが FON2100E や FON2201 の中継器より通信速度が速くなったとは感じませんでした。しかし中継する無線 LAN の電波が 5GHz 帯になったことで、他の無線 LAN との電波干渉の影響を少なくなることの意義は大きなものがあると思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿