2016年1月5日火曜日

PLANEX GW-USMicroN を入手

プラネックス USB 無線 LAN アダプタの GW-USMicroN をインターネット・オークションにて入手しました。IEEE 802.11 b/g/n (150Mbps) 対応の製品です。

今回入手したプラネックス GW-USMicroN です。

本機は、同社製の無線 LAN  ルータの MZK-WNH の付属品として一緒に入手したものでした。機会があれば MZK-WNH も紹介したいと思います。

GW-USMicroN の裏面です。
無線 LAN の自動設定用の WPS ボタンが配置されています。

デバイス ID を追加してビルド

とりあえず GW-USMicroN を Debian Jessie が稼働しているマシンへ装着してみました。やはり動作しませんでした。ネット上を検索してみると rt2800usb のドライバ・モジュールで動作するようでした。ソースコードへ GW-USMicroN のデバイス ID (2019:ed14) を追加して rt2800usb のドライバ・モジュールを再ビルドしました。

動作確認

出来上がったドライバ・モジュール rt2800usb.ko をコピーでインストールした後、モジュールの依存関係を整理して GW-USMicroN をマシンへ装着してみました。そして動作することを確認しました。

動作中の GW-USMicroN です。
通信中は黄色い LED が点滅します。

なお GW-USMicroN を動作させるには、このドライバ・モジュールの他に GW-USMicroN の内部で使用するファームウェアも事前にパソコンへインストールしておく必要があります。
rt2800usb - Debian Wiki
https://wiki.debian.org/rt2800usb
# apt-get update
# apt-get install firmware-ralink

ダウンロード

今回ビルドしたドライバ・モジュールを「Debian 用ドライバ保管庫」へアップロードしています。自由にダウンロードして使用してください。ただし自己責任でお願いいたします。

該当する Debian バージョンのホルダの中にあるドライバ・モジュールの rt2800usb.ko をダウンロードするか、私がビルドしたドライバ・モジュールを一纏めにした圧縮ファイル(tar.gz)をダウンロードして使用してください。ドライバ・ モジュールを一纏めにした圧縮ファイルのダウンロードをお奨めします。

ドライバ・モジュールを一纏めにした圧縮ファイルの場合、解凍後、ドライバ・モジュールのインストール・スクリプト modules-update.sh を特権ユーザで実行させると、自動的にドライバ・モジュールをインストールしてくれます。
$ su
# ./modules-update.sh

0 件のコメント:

コメントを投稿