2016年6月23日木曜日

Buffalo HD-HGLAN 二台目を入手

二台目となるバッファローの NAS 製品 HD-HGLAN(HD-HG160LAN)をインターネット・オークションにて入手しました。

手前が今回入手した二台目の HD-HGLAN です。

経緯

二台続けて HD-HGLAN を入手した理由は、一台目の HD-HGLAN の異常で、もしかするとフラッシュメモリを JTAG にて書き換える必要があるかもしれないと考えて、オリジナルのフラッシュメモリのデータを入手することを前提として入手したものでした。しかし、その後一台目の HD-HGLAN は、フラッシュメモリの起動コード部分を U-boot 1.2.0 へ書き換えることに成功し、無事 Debian Jessie をインストールすることに成功していました。そのため、この二台目の HD-HGLAN は当初の目的を失ってしまいました(笑)。

上段が二台目の HD-HGLAN です。

ファームウェアのアップデート(失敗)

現状のファームウェアのバージョンは 1.02 でした。そこで 1.65 へアップデートを行ってみました。

何と!ファームウェアのアップデートに失敗してしまいました(涙)。 一体どうしたことでしょう!

結果、アップデート・ソフトウェアから HD-HGLAN が見つけられなくなってしまいました。

以前の 1.02 で起動します

アップデート・ソフトウェアから見つけられないのですが、何故か普通に起動をして動作していました。ブラウザから HD-HGLAN へアクセスすると設定画面へたどり着くことができました。NAS としての動作もしていました。

どうもハードディスク内のファームウェアの書き換えに失敗した模様ですが、以前のファームウェアがそのまま残っていることからシステムが起動したようです。ファームウェアのアップデートを制御する部分だけが動作していない模様です。

ファームウェアのアップデートに失敗しながらも起動しました。

ハードディスクの初期化予定

どうもハードディスクを消去して EM モードで起動させると、ファームウェアのインストールができるのではないかと考えています。明日以降に行ってみたいと思っています。

この HD-HGLAN は、背面のネジが残っていることと、筐体の爪に傷がないことから、まだ未開封の個体のようです。



0 件のコメント:

コメントを投稿