2016年6月8日水曜日

Debian Flashplayer を手動でアップデート

Linux 用フラッシュプレーヤ(Flashplayer)が 11.2.202.621 へアップデートしています。脆弱性のあるバージョンのフラッシュプレーヤは Firefox などのブラウザで動作の停止処理が行われます。

Firefox のプラグインの脆弱性警告

アップデートが到着していれば次のコマンドでアップデートすることができます。しかし Debian のアップデートが到着しないものかと待っていましたが、一向に到着しません。
# update-flashplugin-nonfree --install

そこで手動でアップデートすることとしました。

アップデートの方法

1.上記の警告表示の中で赤色で表示されている「更新を確認する」をクリックします。

2.Firefox の「プラグインチェック」のページへ移行します。そして脆弱性のあるプラグインのところで Adobe Flash Player の右側にある赤色に表示されている「今すぐ更新」をクリックします。

Firefox のプラグインチェックのページ

3.Adobe のフラッシュプレーヤのダウンロードページへ自動的に移行したあと、Linux 用フラッシュプレーヤをダウンロードします。この記事では「その他の Linux 用 tar.gz ファイル」を選択しました。

Adobe Flash Player のダウンロードのページ

4.ダウンロードしてきたフラッシュプレーヤの圧縮ファイルを解凍します。
# tar zxvf install_flash_player_11_linux.i386.tar.gz

 ↑32 ビット版↑ または ↓64 ビット版↓

# tar zxvf install_flash_player_11_linux.x86_64.tar.gz

5.コピーの上書きでフラッシュプレーヤのプラグイン(libflashplayer.so)をインストールします。プラグインのファイル名は 32 ビット版も 64 ビット版も同じです。
# cp libflashplayer.so  /usr/lib/flashplugin-nonfree/libflashplayer.so

6.Firefox などのブラウザを再起動させて動作確認します。

7.念の為、フラッシュプレーヤのバージョン確認も行ってみました。
# update-flashplugin-nonfree --status

Flash Player version installed on this system  : 11.2.202.621
Flash Player version available on upstream site: 11.2.202.621
flash-mozilla.so - auto mode
  link currently points to /usr/lib/flashplugin-nonfree/libflashplayer.so
/usr/lib/flashplugin-nonfree/libflashplayer.so - priority 50
Current 'best' version is '/usr/lib/flashplugin-nonfree/libflashplayer.so'.

以上でフラッシュプレーヤの手動アップデートは終了です。

0 件のコメント:

コメントを投稿