2016年5月28日土曜日

Buffalo WLI-UC-GNHP が故障

自宅の玄関口に設けていた監視カメラ(LD-HLA + WLI-UC-GNHP)からの通信が途絶えてしまいました。調査したところ、無線 LAN アダプタの WLI-UC-GNHP が故障していました。

症状

無線 LAN アダプタの WLI-UC-GNHP が故障した模様で、無線 LAN 通信が出来なくなった他、 WLI-UC-GNHP の本体が異常な発熱をしていました。

無線 LAN アダプタを交換

そこで無線 LAN アダプタを交換することとしました。交換するにあたって、以前より気になっていた rt2800usb ドライバで動作するチップの発熱の多さを気にして、今回は zd1211rw のドライバで動作する無線 LAN アダプタを使用することとしました。
(旧) Buffalo WLI-UC-GNHP -- rt2800usb
(新) Buffalo WLI-U2-KG54L -- zd1211rw
下が故障した WLI-UC-GNHP です。
上は今回から使用する WLI-U2-KG54L です。


監視カメラの本体となる HD-HLAN を設置場所から降ろした後、シリアルコンソールを接続して、無線 LAN 設定をし直しました。

zd1211rw のファームウェアをインストールしました。
# apt-get install firmware-zd1211

そして udev において無線 LAN のデバイス名を指定するファイルを編集して、以前 wlan0 となっていた項目を削除しました。
# /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules

この状態で新しく使用する無線 LAN アダプタの WLI-U2-KG54L を接続すると、自動的に wlan0 として登録してくれました。

動作確認

監視カメラを設置する前に地上で動作確認を行いました。

HD-HLAN による監視カメラの動作確認です。

設置

動作確認が終わったところで、元通りに監視カメラを設置しました。

元通り玄関口へ設置し直しました。

参考記事

玄人志向 玄箱用 Debian Jessie wifi 対応版
http://near-unix.blogspot.jp/2016/04/debian-jessie-wifi.html

0 件のコメント:

コメントを投稿