2016年4月5日火曜日

とある SATA-HDD to IDE 変換アダプタ

ノーブランドの SATA ディスクから 40 ピン IDE コネクタへ変換するアダプタを購入しました。

変換アダプタの IDE コネクタ側の様子です。
SATA-HDD を IDE へ変換するコネクタとなります。
変換アダプタの SATA コネクタ側の様子です。
こちら側に SATA-HDD を接続します。

経緯

玄箱用に IDE ハードディスクをインターネット・オークションにて物色していましたが、なかなか状態の良さそうなものを見つけるのが難しく、SATA ハードディスクで代用しようと考えて入手しました。玄人志向から玄箱専用の変換アダプタもかつて販売されていましたが、現在は中古市場での入手となり、意外と高価な取引となっていることから入手を躊躇っていました。汎用の安価な変換アダプタが利用できれば、これに越したことはないこと考えて入手したものです。なお、この手の変換アダプタは多数存在していますが、もっとも小型だと思われるものを入手してきました。

変換アダプタを SATA ハードディスクへ取り付けたところです。

取り付け

ハードディスクの端面から変換アダプタの IDE コネクタの先端までが 15 ミリとなっていました。これであれば期待できそうです。


早速、玄箱の筐体を開いて、変換アダプタの様子を観察してみました。

残念ながら、筐体の内側に収まらない大きさでした(涙)。IDE コネクタの先端部分が筐体の外面に達していました。玄箱の筐体の一部を切り取って変換アダプタを取り付けるなどの工夫が必要のようです。

変換アダプタを玄箱の筐体へ装着したときの様子を観察してみました。

3.5 インチのハードディスクでは、玄箱の筐体へ収めることができませんでしたが、2.5 インチのハードディスクであれば、余裕で収納できそうです。玄箱の活用の用途として、ハードディスクの容量を求めないもの(以前の監視カメラセットなど)であれば、活用できるようです。

2.5 インチ・ハードディスクへ変換アダプタを装着したところです。

この変換アダプタで 3.5 インチの SATA ハードディスクを玄箱へ取り付けるのは、難しいようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿