2016年4月28日木曜日

NTT FT-STU-Bng を入手

NTT の USB 型無線 LAN アダプタの FT-STU-Bng を入手しました。

今回入手した NTT FT-STU-Bng です。

概要

親指先ほどの大きさの USB 型無線 LAN アダプタです。
無線 LAN の特性は、2.4GHz 帯の IEEE 802.11 b/g/n 対応となっています。内部のチップには Ralink 社の RT2870 が使用されている模様です。

NTT FT-STU-Bng の背面表記の様子です。

デバイス ID を追加してビルド

Debian Jessie が稼働しているパソコンへ本機(FT-STU-Bng)を装着してみたところ、なんの反応もありませんでした。デバイス ID (0411:0192)が登録されていない模様でした。そこでデバイス ID (0411:0192)を rt2800usb ドライバ・モジュールへ追加してビルドすることとしました。なおデバイス ID のベンダーコードの "0411" を見てのとおり、バッファローが製造委託された製品のようです。また lsusb コマンドでも Buffalo の名前が読み取れます。

動作確認

FT-STU-Bng のデバイス ID を追加してビルドし直した rt2800usb.ko をカーネル・モジュールとしてインストールした後、動作確認を行いました。ちゃんと認識をして rt2800usb.ko ドライバ・モジュールで稼働しました。

稼働中は、本体先端の内側から青色の LED ランプが点灯していました。

動作中の NTT FT-STU-Bng のランプの点灯状況です。

ダウンロード

今回ビルドしたドライバ・モジュールを「Debian 用ドライバ保管庫」へアップロードしています。自由にダウンロードして使用してください。ただし自己責任でお願いいたします。

該当する Debian バージョンのホルダの中にあるドライバ・モジュールの rt2800usb.ko をダウンロードするか、私がビルドしたドライバ・モジュールを一纏めにした圧縮ファイル(tar.gz)をダウンロードして使用してください。このドライバ・ モジュールを一纏めにした圧縮ファイルのダウンロードをお奨めします。

ドライバ・モジュールを一纏めにした圧縮ファイルの場合、解凍後、ドライバ・モジュールのインストール・スクリプト modules-update.sh を特権ユーザで実行させると、自動的にドライバ・モジュールをインストールしてくれます。
$ tar zxvf Jessie-wifi-modules_pack.tar.gz
$ su
# ./modules-update.sh


0 件のコメント:

コメントを投稿