2016年2月25日木曜日

I-O DATA WHG-AGDN/US を入手

アイ・オー・データの無線 LAN アダプタの WHG-AGDN/US を入手しました。

今回入手した WHG-AGDN/US です。

概要

デザインがとても素っ気ないもので、底面部分のみに必要最小限度の表示がされています。事情によってメーカ名などが表示出来ない、いわゆるノーブランド品として流通している商品のようにも見えました(笑)。とにかくアイ・オー・データらしくないデザインでした。
無線 LAN 機能部分は 2.4GHz 帯と 5GHz 帯の両対応で IEEE 802.11 a/b/g/n となっています。

I-O DATA WHG-AGDN/US の外観です。
表面には一切の表示がありません。
I-O DATA WHG-AGDN/US の底面です。
一般的な商品ラベルが貼り付けられていました。

動作確認

とりあえず Debian Jessie が動作しているパソコンへ装着してみました。rt2800usb のドライバによって動作を開始しました。ドライバにデバイス ID (04bb:0944)が登録されていました。2.4GHz 帯も 5GHz 帯も問題なく通信ができました。ただ入手した個体独自の現象なのかもしれませんが、動作中は断続的に「チーーーー」と、いわゆる「鳴き」が発生していました。

rt2800usb  ドライバで動作するデバイスを初めて使用する場合には、事前に本機の内部で使用するファームウェアのインストールが必要です。
rt2800usb - Debian Wiki
https://wiki.debian.org/rt2800usb
# aptitude update
# aptitude install firmware-ralink

動作中には、本体に設置されている青色の LED ランプが点滅していました。

通信中は青色ランプが点滅して通信を知らせてくれます。


0 件のコメント:

コメントを投稿