2016年2月23日火曜日

FON2202 へ SAMBA をインストール

ここ数日 openwrt.org へアクセス出来ない状態が続いています。時々サーバが復活するようで、数分から数時間アクセスができることもありますが、それもいつまで続くか解らない状態です(涙)。 OpenWrt でいろいろ行いたいことがあるのですが、全然はかどらない状況です。

さて今回は、先日 OpenWrt をインストールした FON2202 へ SAMBA をインストールして、USB ポートへ接続した USB メモリをネットディスクとして公開できるようにしてみました。

USB ポートを認識させて SAMBA をインストールした FON2202 です。

インストール手順

今回は、openwrt.org 問題と相まって、ほとほとドツボに嵌ってしまいました(笑)。
作業手順としては、FON2303D と基本的に一緒です。ただし USB 回路部分のドライバについてはちょっと工夫が必要でした。USB チップに PCI 接続の μPD72010 を使用していることもあって、通常のカーネルドライバ( kmod-usb-ohci, kmod-usb2 )の他に PCI ブリッジ用のカーネルドライバ( kmod-usb-ohci-pci, kmod-usb2-pci )も必要でした。
FON2303D へ SAMBA をインストール
http://near-unix.blogspot.jp/2015/11/fon2303d-samba.html

FON2202 の USB ポートを認識させて USB メモリを装着したところです。

USB カーネルドライバのインストール

まず最初に USB カーネルドライバをインストールします。
# opkg update
# opkg install kmod-usb-ohci kmod-usb-ohci-pci
# opkg install kmod-usb2 kmod-usb2-pci

USB ストレージ関係のインストール

USB ストレージ関係のモジュール類をインストールします。FON2303D の記事を参照してブラウザ設定画面(LuCi)から USB メモリのマウントポイントを設定してください。

# opkg install kmod-usb-storage block-mount kmod-fs-ext4 kmod-fs-vfat kmod-nls-cp437 kmod-nls-iso8859-1
http://near-unix.blogspot.jp/2015/11/fon2303d-samba.html#usb-settings

SAMBA のインストール

SAMBA をインストールします。FON2303D の記事を参照してブラウザ設定画面(LuCi)から SAMBA の設定をしてください。
# opkg install samba36-server luci-app-samba
http://near-unix.blogspot.jp/2015/11/fon2303d-samba.html#samba

以上で FON2202 でも SAMBA を稼働させることができました。

USB の LED ランプ

USB の LED ランプは [Sytem] - [LED Configuration] のところで設定を試みましたが、上手く設定することができませんでした。USB の LED ランプは gpio3 であることが判明しましたが、USB ポートの利用を感知してランプを点灯させるトリガーが見当たりませんでした。ちょっと残念です。

FON2202 の USB ランプを強制的に点灯させています。


0 件のコメント:

コメントを投稿