2016年2月11日木曜日

FON2202 へ Barrier Breaker 14.07 をインストール

先日入手した後、分解して、RedBoot の取り出しを行っていた FON2202 へ Barrier Breaker 14.07 をインストールしました。

Fon Flash でインストール

Gargoyle で配布している Fon Flash によるインストールが一番簡単なので、Fon Flash でインストール作業を行いました。

しかし "Telnet for RedBoot not enabled." と表示されてインストールできませんでした。FON2201 では問題なくインストール出来たのに残念です。

Fon Flash でのインストール

シリアルコンソールからインストール

すでに分解済みということもあって、シリアルケーブルをシリアルコンソールの端子へ接続してインストールを行いました。シリアルコンソールの通信速度は 9600bps です。なおインストール作業にあたって OpenWrt の公式 Wiki を参考にしました。
Fonera+ (FON2201) and Fonera 2.0g (FON2202) [OpenWrt Wiki]
https://wiki.openwrt.org/toh/fon/fonera2
FON2202 へシリアルケーブルを接続して OpenWrt をインストールしているところです。


以下はシリアルコンソールで行ったインストール作業の様子です。TFTP サーバを用意しての方法を選択しました。

FON2202 の IP アドレスの設定と TFTP サーバの IP アドレスの指定です。この場合、FON2202 本体に 192.168.10.1 を設定して、TFTP サーバに 192.168.10.2 を指定しました。もちろん TFTP サーバとなるパソコンも 192.168.10.2 へ事前に設定しておきました。
RedBoot> ip_address -l 192.168.10.1/24 -h 192.168.10.2
IP: 192.168.10.1/255.255.255.0, Gateway: 0.0.0.0
Default server: 192.168.10.2

フラッシュメモリの初期化を行いました。
RedBoot> fis init
About to initialize [format] FLASH image system - continue (y/n)? y
*** Initialize FLASH Image System
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .

カーネル(openwrt-atheros-vmlinux.lzma)を TFTP サーバからダウンロードしました。
RedBoot> load -r -v -b 0x80041000 openwrt-atheros-vmlinux.lzma
Using default protocol (TFTP)
-
Raw file loaded 0x80041000-0x80150fff, assumed entry at 0x80041000

 カーネルをフラッシュメモリへインストールしました。
RedBoot> fis create kernel
... Erase from 0xa8030000-0xa8140000: .................
... Program from 0x80041000-0x80151000 at 0xa8030000: .................
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .

ルートファイルシステム(openwrt-atheros-root.squashfs)を TFTP サーバからダウンロードしました。
RedBoot> load -r -v -b 0x80041000 openwrt-atheros-root.squashfs
Using default protocol (TFTP)
-
Raw file loaded 0x80041000-0x802a0fff, assumed entry at 0x80041000

ルートファイルシステムをフラッシュメモリへインストールしました。
RedBoot> fis create rootfs
... Erase from 0xa8140000-0xa83a0000: ......................................
... Program from 0x80041000-0x802a1000 at 0xa8140000: ......................................
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .

RedBoot の起動設定をしました。青色部分が変更するために入力した部分です。
RedBoot> fconfig
Run script at boot: true
Boot script:
.. fis load -b 0x80100000 loader
.. go 0x80100000
Enter script, terminate with empty line
>> fis load -l kernel
>> exec
>> (リターンだけ)
Boot script timeout (1000ms resolution): 3
Use BOOTP for network configuration: false
Gateway IP address: 192.168.1.1
Local IP address: 192.168.1.1
Local IP address mask: 255.255.255.0
Default server IP address: 192.168.1.2
Console baud rate: 9600
GDB connection port: 9000
Force console for special debug messages: false
Network debug at boot time: false
Update RedBoot non-volatile configuration - continue (y/n)? y
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .

OpenWrt のインストールの終わった FON2202 を再起動させました。
RedBoot> reset

再起動が終了したところで「リターン」を入力すると OpenWrt のロゴ画面が表示されました。

FON2202 へインストールした OpenWrt です。


これで OpenWrt のインストールが終わりました。これからいろいろと遊んでみたいと思っています。


0 件のコメント:

コメントを投稿