2015年12月2日水曜日

玄人志向 玄箱(Debian Jessie)のスワップを有効にする

何故かインストールしてある Debian Jessie において、/dev/sda2 に用意してあるスワップ領域が自動で有効になりません。手動で設定(swapon)すれば設定可能です。
# swapon /dev/sda2

原因を探してみましたが理由がよく解りません。どうも起動途中で上手くスワップ領域が認識されていないようでした。これが原因なのかもしれません。
[  ***   ] A start job running for dev-sda2.device
Dependency failed for /dev/sda2

Debian Jessie 上から再度 /dev/sda2 をスワップ化を行なってみました。しかし fstab による自動マウントはされませんでした。
# mkswap /dev/sda2
mkswap: /dev/sda2: warning: wiping old swap signature.
Setting up swapspace version 1, size = 257036 KiB
no label, UUID=6b131746-ee46-4555-b109-2584398545e9

そして fstab のマウント・オプションの見直しも行いましたが、自動マウントしてくれませんでした。

スワップ・ファイルを fstab でマウント

スワップ領域(パーティション)ではなく、スワップ・ファイルを使用する方法に切り替えてみたところ、自動的にスワップ・ファイルをマウントしてくれました。

スワップ・ファイルの土台を dd コマンドで作成
# dd if=/dev/zero of=/swapfile bs=1M count=256
256+0 records in
256+0 records out
268435456 bytes (268 MB) copied, 21.9855 s, 12.2 MB/s

ファイルの属性変更
# chmod 600 /swapfile

スワップ・ファイルのフォーマット
# mkswap /swapfile
Setting up swapspace version 1, size = 262140 KiB
no label, UUID=6a246c48-7714-47e1-9f4b-97c67ad9013d

/etc/fstab を編集
# vi /etc/fstab

# /etc/fstab: static file system information.
#
#
proc         /proc  proc defaults                0       0
#/dev/sda2   none   swap sw                      0       0
/swapfile    none   swap defaults                0       0
/dev/sda3    /      ext3 defaults,noatime,errors=remount-ro 0 0

動作確認

玄箱を再起動させます。再起動後にスワップ・ファイルを自動的にマウントしていれば設定成功です。
# free
             total  used     free shared buffers cached
Mem:         60612 49504    11108   5364    2624  29416
-/+ buffers/cache: 17464    43148
Swap:       262140     0   262140


0 件のコメント:

コメントを投稿