2015年11月18日水曜日

ThinkPad A30 の画面のちらつき対策(GPU の問題か?)

以前から気になっていた ThinkPad A30 の画面のちらつき対策のために液晶パネルを取り外して整備してみました。

結果としては、液晶パネルやケーブル/コネクタに問題はなさそうでした。どうもマザーボード上のグラフィック処理を行うプロセッサ(GPU)の問題のように感じられました。もし GPU の問題であれば BGA で取り付けてあるチップを再ハンダ付けすることは素人にはほぼ不可能のため諦めるしかなさそうです。

手持ちに他にも A30 や A31 がありますが、そのどれも GPU の問題と思われる症状が発生しており、全く使えない状態となっています。まだ画面が読み取れる本機ですが、いずれ画面が読み取れない状態となってしまうのでしょうか?とても心配です。


以下の写真は分解整備中の様子を撮影したものです。

マザーボードへ接続する部分のコネクタを整備
アルコール洗浄した後にナノカーボンの接点復活剤を塗布しました。
モニター部分を取り外してベゼルを撤去したところです。
ベゼルは内側の窓から捲り上げるようにして爪を外しました。

取り外した液晶パネルです。サムスン製でした。
モニターのヒンジの動作に合わせて湾曲するケーブル部分です。
外皮部分は劣化が進んでいる感じでした。
液晶パネルとケーブルとを繋ぐコネクタ部分です。
この液晶パネルのコネクタもアルコール洗浄の後、ナノカーボンの接点復活剤を塗布しておきました。
せっかく分解したモニター部分ですので、以前修理したベゼルの割れを内側から手当をしておきました。
プラモデル用の接着剤を塗布した後、写真フィルム用スプライシングテープで押さえておきました。
修理の終わった割れ部分の様子です。
前回の修理のときには分解せずに修理を行ったため、表面に大量の接着剤の跡が残ってしまいました。
組み立て直して確認をしましたが、画面のチラツキは残っていました。



0 件のコメント:

コメントを投稿