2015年10月13日火曜日

Tomato ファームウェアでも WDS へ挑戦

先日 DD-WRT にて WDS での接続実験を行いました。今日は、我が家で一番良く使われている Shibby 版の Tomato ファームウェアでも接続できるのか確認してみました。

実験状況

今回は Tomato ファームウェア同士ではなく DD-WRT をインストールしてある WBR-G54 を親機として、子機として Tomato をインストールしてある WHR-HP-G54 を接続してみました。

今回使用した WHR-HP-G54 は、自宅内の一部で無線LANのクライアント・ブリッジの子機として使っていました。元々はイーサネット・ケーブルが届く場所なのですが、有り余る無線LANルータの有効活用?の一環として、わざわざクライアント・ブリッジとして使用していました。今回親機側を入れ替えて DD-WRT ファームウェアの WBR-G54 と接続しようとしたわけです。

今回 WDS の実験に使用した WHR-HP-G54 です。
Shibby 版の Tomato ファームウェアをインストール済みです。

接続設定

Tomato ファームウェアの Basic 設定の部分の無線LANの項目のところを "ClientBridge" から "WDS" へ変更した後、リンク先の親機(WBR-G54)の無線LAN部分の MAC を設定するだけでした。
そして親機の WBR-G54 では、新しく子機となる WHR-HP-G54 の無線LAN部分の MAC を追加するだけでした。WBR-G54 の WDS には、先日設定済みの WTR54GS の設定がありますので、追加する形で登録しました。

Tomato ファームウェアでの WDS 設定です。

動作確認

WDS の子機に WTR54GS と一緒に接続しましたが、問題なく動作をしていました。

WDS の親機として使用した WBR-G54 です。
先日は建屋の一階に設置していましたが、今回は子機が一階にあるため、二階に設置しての動作確認です。

今回はついでに 125MHz という古いプロセッサでも問題なく動作するのか複数のパソコンを接続して負荷試験をしました。合計6台のパソコンから接続してアクセス状況を確認しましたが、意外としっかり動作していることに驚きました!

WBR-G54 の接続状況です。6台のパソコンが接続しています。


0 件のコメント:

コメントを投稿