2015年10月31日土曜日

Tomato ファームウェアで FreeDNS (afraid.org) を使う

ダイナミック DNS サービスの FreeDNS (afraid.org) を Shibby 版 Tomato ファームウェアをインストールした Linksys WRT54GS で使用してみました。
FreeDNS - Free DNS - Dynamic DNS - Static DNS subdomain and domain hosting
http://freedns.afraid.org/


FreeDNS のダイナミック DNS サービスを登録した WRT54GS です。

今まで DynDns や No-IP を使用してきましたが、これらとは違った設定方法が必要で、初めて設定を行いましたが、ちょっと難しかったことから備忘録として記事としました。

アカウント登録

FreeDNS の公式ウェブサイトから登録を行いました。トップページの一番下のところにある "Sign UP!" (サインアップ)から登録をしました。ちなみに、サインアップ(Sign up)はユーザ登録をする用語で、サインイン(Sign in)はユーザ登録を済ませた後、ログインで使用する用語です。

FreeDNS のウェブサイト

これが実際のユーザ登録画面です。ユーザ登録を行うと登録したメールアドレスへ登録メールが届き、その中にあるアクティベーション(activation)をクリックして登録を完了させます。

ユーザ登録画面

サブドメインの登録

ここでは無料のサブドメインを使用しました。FreeDNS が提供するドメインの中から好きなものを選択して、自由に設定できるサブドメインを作ります。ただ提供されているドメイン名がとても微妙なものばかりで???な感じでした(笑)。この部分の手続きの詳細は問題なくできますので割愛します。

Tomato ファームウェアへ登録

FreeDNS の IP アドレスの更新方法は少し変わっているようで、単純にユーザ名やパスワードの設定では出来ないようになっています。Tomato ファームウェアの [DDNS] の中で FreeDNS を選択すると見慣れない "Token/URL" (トークン)しか設定項目が表示されないことに気づきます。

さてこの "Token/URL" を入手しなければならないのですが、これがいまいちよく解らない部分でした。いろいろとネット上を調べてみると、"Direct URL"(ダイレクト URL)の項目で IP アドレスの更新を行ったときに使用される URL の "?" マークの以降の文字列がトークン(Token/URL)なのだそうです。

以下のようにして "Direct URL" でウェブサイト上から一度 IP アドレスの更新を行なって、URL を取得します。

メインメニューを選択
ダイナミック DNS を選択
ダイレクト URL をクリックすると新しいページへジャンプしてアップデートが行われます。
そのジャンプしたページの URL をコピー&ペーストで取得します。

そして得られたトークン(Token/URL)をTomato ファームウェアへ設定します。これで "save"  ボタンを押して保存すると、自動的に更新が行われて、その更新の成否が "Last Result" に表示されます。問題がなければこれで設定終了です。

Tomato ファームウェアの DDNS の設定画面

注意事項

IP アドレスのアップデートのページにおいて "Rotate Authentication Token" の部分をクリックするとトークン(Token/URL)が変化してしまいます。不用意にクリックしないように注意しましょう。クリックしてしまった場合、再度 "Direct URL" のところからトークンを取得し直して Tomato ファームウェアの再設定をすることとなります。


0 件のコメント:

コメントを投稿