2015年10月23日金曜日

Buffalo WER-AMG54 へ OpenWrt Attitude Adjustment 12.09 をインストール

バッファロー WER-AMG54 へ OpenWrt Attitude Adjustment 12.09 をインストールしてみました。

使用したファイルは次の二つです。
http://downloads.openwrt.org/attitude_adjustment/12.09/atheros/generic/

WER-AMG54 のフラッシュメモリの配置

フラッシュメモリの配置を調べてみました。fis init コマンドで初期化した後の状態は次のとおりでした。
RedBoot> fis list
Name              FLASH addr  Mem addr    Length      Entry point
RedBoot           0xBE000000  0xBE000000  0x00050000  0x00000000
RedBoot config    0xBE3DF000  0xBE3DF000  0x00001000  0x00000000
FIS directory     0xBE3D0000  0xBE3D0000  0x0000F000  0x00000000

この情報から空き容量は 0x00380000 であることが判明しました。
RedBoot           0xBE000000
   |
vmlinux
rootfs  空き容量 0x00380000
   |
FIS directory     0xBE3D0000
RedBoot config    0xBE3DF000


vmlinux と rootfs の配置

OpenWrt でファイル容量の観点からインストール可能なものは Attitude Adjustment 12.09 のようです。
vmlinux  0x00140000
rootfs      0x001E0000
--------------------------
合計        0x00320000

ちなみに Barrier Breaker 14.07 の場合には次の通り
vmlinux  0x00170000
rootfs      0x00260000
--------------------------
合計        0x003D0000 (空き容量 0x380000 を超える)

インストール

TFTP サーバ(我が家では 192.168.24.90)へ次の二つのファイルを用意してインストールに備えます。TFTP サーバの設置方法は、過去記事の WER-A54G54 へ DD-WRT をインストールした記事を参考にしてください。
Buffalo WER-A54G54 へ DD-WRT をインストール
http://near-unix.blogspot.jp/2015/03/buffalo-wer-a54g54-dd-wrt.html
  • openwrt-atheros-vmlinux.gz
  • openwrt-atheros-root.squashfs

通信環境の設定は RedBoot 上から次のコマンドで設定しました。
  • WER-AMG54 本体 = 192.168.24.51
  • TFTP サーバ = 192.168.24.90
RedBoot> ip_address -l 192.168.24.51 -h 192.168.24.90
IP: 192.168.24.51/255.255.255.0, Gateway:
Default server: 192.168.24.90, DNS server IP:

さらにシステムのインストールを下記のように RedBoot 上から行いました。
RedBoot> fis init
About to initialize [format] FLASH image system - continue (y/n)? y
*** Initialize FLASH Image System
    Warning: device contents not erased, some blocks may not be usable

RedBoot> load -r -b 0x80041000 openwrt-atheros-vmlinux.gz
Raw file loaded 0x80041000-0x80180fff, assumed entry at 0x80041000

RedBoot> fis create -f 0xbe050000 -l 0x00140000 -r 0x80041000 -e 0x80041000 vmlinux.gz

RedBoot> load -r -b 0x80041000 openwrt-atheros-root.squashfs
Raw file loaded 0x80041000-0x80220fff, assumed entry at 0x80041000

RedBoot> fis create -b 0x80041000 -f 0xbe190000 -l 0x00240000 -e 0x00000000 rootfs

RedBoot> fis list
Name              FLASH addr  Mem addr    Length      Entry point
RedBoot           0xBE000000  0xBE000000  0x00050000  0x00000000
RedBoot config    0xBE3DF000  0xBE3DF000  0x00001000  0x00000000
FIS directory     0xBE3D0000  0xBE3D0000  0x0000F000  0x00000000
vmlinux.gz        0xBE050000  0x80041000  0x00140000  0x80041000
rootfs            0xBE190000  0xBE190000  0x00240000  0x00000000
RedBoot>

RedBoot の起動スクリプトの設定は次の通り
注意点としてシリアルコンソールの速度を 9600bps に設定することです。カーネルのシリアル速度が 9600bps に設定されているためです。
RedBoot> fconfig
Run script at boot: true
Boot script:
.. fis load linux
.. exec
Enter script, terminate with empty line
>> fis load -d vmlinux.gz
>> exec
>>
Boot script timeout (1000ms resolution): 3
Use BOOTP for network configuration: false
Gateway IP address:
Local IP address: 192.168.1.1
Local IP address mask: 255.255.255.0
Default server IP address: 192.168.1.2
Console baud rate: 9600
DNS server IP address:
GDB connection port: 9000
Force console for special debug messages: false
Network debug at boot time: false
Update RedBoot non-volatile configuration - continue (y/n)? y

再起動
RedBoot> reset
... Resetting.

動作確認

再起動の様子をシリアルコンソール上で確認しながら起動完了するのを待ちました。
192.168.1.1へブラウザでアクセスすると OpenWrt の設定画面の LuCi が表示されました。簡単に設定を行なって動作確認を行いました。特に問題なく動作していました。

WER-AMG54 で動作した OpenWrt Attitude Adjustment 12.09

参考ウェブサイト

Booting a WHR-HP-AG108 / vmlinuz entry point (Page 1)
https://forum.openwrt.org/viewtopic.php?id=10010

0 件のコメント:

コメントを投稿