2015年9月28日月曜日

ThinkPad X30 (2672-11J) を入手

インターネット・オークションにて ThinkPad X30 (2672-11J) を入手しました。

今回入手した ThinkPad X30 です。

外観の汚れなどは多少ありましたが、筐体の割れなどがなく、比較的良好な個体を入手することが出来て幸せでした。

プロセッサは Mobile Pentium3-m 1066MHz で、メモリは拡張済みで 768MB (512MB + 256MB) でした。

早速手持ちの Debian Jessie がインストールされているハードディスクを装着して動作確認をしてみました。

起動を完了してデスクトップ画面が表示されたのですが、何か?異常です(笑)。 あの ThinkPad R31 と同じ症状でした。どうも ThinkPad R31 と同じビデオチップを使用しているようです。

ThinkPad R31 と同じように文字の一部が欠落する症状が発生しています。
また階調度が悪く、背景が階段上に変化しています。

Puppy Linux 5.7.1 JP でも標準に起動させると画面が表示されなくなります。Grub の選択画面で編集モードへ入って、カーネル・オプションに "i915.modeset=0" を追加すると画面表示されるようになります。

現在のところ ThinkPad R31 は Debian Jessie で上手く動作していません。このことから、この ThinkPad X30 には Debian Jessie ではなく、Debian Wheezy をインストールしたいと思っています。

ThinkPad R31 は Debian Wheezy で快調に動作していました。
そのためこの ThinkPad X30 にも Debian Wheezy をインストールしたいと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿