2015年9月22日火曜日

はじめての Debian 64bit OS をインストール

Debian を使い始めてかなりの年月が経ちましたが、今回初めて 64 ビット版をインストールしました。

経緯

以前から 64 ビット版を使用してみたいと思っていましたが、32 ビット版で不満がなかったことからずっと採用を見送っていました。しかし中古で入手しているパソコンのプロセッサも 64 ビット対応のものを順次入手していることもあって、今回試験的に 64 ビット版をインストールしました。

ThinkPad X61 へインストール

今回試験的にインストールしたパソコンは ThinkPad X61 です。すでに Debian Jessie の 32 ビット版をインストールしています。システムがインストールされているルート・ディレクトリ(/)とユーザ・スペースのホーム・ディレクトリ(/home)を分けた形でインストールされていました。そこでホーム・ディレクトリをそのまま流用して、ルート・ディレクトリへ新しく 64 ビット版の Debian Jessie をインストールしました。

今回 64 bit 版の Debian Jessie をインストールした ThinkPad X61 です。

Debian の公式ウェブサイト(http://cdimage.debian.or.jp/)からネットワーク・インストール用の CD イメージをダウンロードしました。すでに Jessie では 64 ビット版が前方に配置されており、64 ビット版を推奨している感じでした。

Debian 公式サイトから CD イメージをダウンロードしました。
ハイライトで表示している netinst イメージ 64 bit (amd64) を使用しました

ダウンロードしたネットワーク・インストール用の CD イメージを USB メモリへ書き込んでインストールを行いました。

インストールの途中でハードディスクのインストール方法の問い合わせがあります。そこでパーティションの設定を「手動」で行い、ルート・ディレクトリがある /dev/sda1 を Ext4 形式で初期化することとして、そしてホーム・ディレクトリのある /dev/sda6 を Ext4 形式でそのまま /home として利用するように設定しました。
パーティションの構成
/dev/sda1 -- /
/dev/sda5 -- swap
/dev/sda6 -- /home

/dev/sda1 の設定内容
/dev/sda6 の設定内容

パーティションの設定が終わるとパーティションの変更を行います。注意喚起の「はい」「いいえ」の問い合わせがありますが、変更内容をよく確認して「はい」を選択してインストールを続行しました。

パーティションの設定変更を行うところです。

インストールの途中で tasksel によるデスクトップの選択画面が表示されますが、以前と同じ Gnome のデスクトップを選択しました。

そしてインストールが終了するのを待ちました。

インストールの後の設定

インストールが終了したところで、マシンを再起動させました。起動が完了してログインしたところ、以前の 32 ビット版で設定していた内容でそのままデスクトップが表示されました。当然と言えば当然なのですが、デスクトップの再設定を行う手間が省けて嬉しいところでした。しかしこれが 64 ビット版なのかいまいち不安でもありました。なにせ全然違うところがないからです(笑)。

システムの部分が全くの新規となっているため、32 ビット版のときに追加インストールしていたアプリケーション・ソフトウェアを再度インストールしました。これらをインストールすると、見えなくなっていたデスクトップに設定していたアイコン類が復活して表示されるようになっていました。

GFTP も Wheezy 版をインストールしましたが、以前の 32 ビット版ではなく、64 ビット版を再度ダウンロードしてインストールしました。
Debian Jessie に GFTP をインストール
http://near-unix.blogspot.jp/2015/05/debian-jessie-gftp.html

そして Iceweasel (Firefox) の最新版を mozilla.debian.net のものへアップグレードしました。公式ウェブサイトには 32 ビット版と 64 ビット版の記述はなく、どうしたらよいのか迷ってしまいました。今まで行なっていた 32 ビット版と同じ要領で /etc/apt/sources.list を設定して、インストールも mozilla.debian.net のバックポートを指定する形式で行いました。するとちゃんと 64 ビット版の Iceweasel がインストールされていました。

感想

32 ビット版に比較して 64 ビット化した恩恵に与れるソフトウェアを殆ど使用していないこともあり、動作が高速化したなどといった印象はありませんでした。ただ今後は 64 ビット OS が主流となると思われますので、64 ビット化が可能な機種は機会をみては切り替えたいと思っています。特にメインパソコンとして使用している二台のデスクトップパソコンは、未だに Debian Wheezy の 32 ビット版です。Jessie へアップグレードするときに 64 ビット化したいと考えています。

Debian Jessie 64 bit をインストールした ThinkPad X61 です。


0 件のコメント:

コメントを投稿