2015年9月11日金曜日

Buffalo WLI-UC-AG 向け Puppy Linux Precise 5.7.1 用ドライバ・モジュール

昨日の Atheros 用 ath5k ドライバ・モジュールに引き続き、WLI-UC-AG のデバイス ID を追加した zd1211rw のドライバ・モジュールも再ビルドしました。

なお一緒に rt2800usb ドライバ・モジュールも手持ちの無線 LAN アダプタのデバイス ID を追加してビルドしようとしましたが、元々 Puppy Linux 5.7.1 では動作するようにビルドされていました。

また ar5523 モジュールも 5GHz 対応パッチを適用してビルドも考えましたが、こちらはカーネルが 3.2 系であるため、カーネル自体が ar5523 に対応していたいため行いませんでした。

デバイス ID の追加とビルド

デバイス ID の追加手法は、以前 Debian で行ったときと全く一緒です。
Buffalo WLI-UC-AG 無線 LAN アダプタを入手
http://near-unix.blogspot.jp/2015/04/buffalo-wli-uc-ag-lan.html

ダウンロード

以下の URL から今回ビルドした zd1211rw のドライバ・モジュールをダウンロードすることができます。ご使用の際には自己責任でお願いします。

zd1211rw.ko (WLI-UC-AG のデバイス ID 追加)
https://drive.google.com/file/d/0B5QdaY5lu2e3amZWRVdFSGNtM2M/view?usp=sharing

zd_usb.patch (WLI-UC-AG のデバイス ID 追加パッチ)
https://drive.google.com/file/d/0B5QdaY5lu2e3WHJaWTRWUnRENHc/view?usp=sharing

インストール方法

ダウンロードしたドライバ・モジュールの zd1211rw.ko を今まで存在していたカーネル・ドライバへ上書きコピーしてください。
# cp zd1211rw.ko /lib/modules/3.2.48/kernel/drivers/net/wireless/zd1211rw/ath5k.ko

モジュールの依存関係の更新を行なってマシンの再起動をしてください。

# depmod -a
# reboot

注意事項

この WLI-UC-AG のデバイス ID を追加したドライバ・モジュールの zd1211rw は 5GHz 帯の IEEE 802.11 a モードでは動作しません。2.4GHz 帯の IEEE 802.11 b/g モードでのみ動作します。

0 件のコメント:

コメントを投稿